TANKEN SEAL SEIKO CO.,LTD SITEMAP
ENGLISH
TOP 製品情報 カタログ 会社情報 採用情報 お問合せ
TOP > 製品情報 > メカニカルシール > ドライシール
ドライシール
製品紹介

メカニカルシールを運転するには摺動面に潤滑膜が必要不可欠であり、上部撹拌機の様にガスゾーンをシールする場合にはダブルメカニカルシール方式が広く採用されてきました。 しかし、シール液を使用することで、僅かな漏出液による製品の純度低下、付属機器の設置及び管理等の弊害が指摘され、シール液を使用しないドライシールのニーズが高まっています。 当社が開発した各種ドライシールは、ユーザーでの製造工程の品質安定や付属設備の簡素化、メンテナンスの軽減に貢献しております。

特徴

●製造物の汚染防止
シール液を使用しないので、製造物へのシール液の混入も無く、汚染が防止できます。 また、グランドパッキン使用時に見られる摩耗粉の製造物への混入(コンタミ)を著しく低減します。 特に医薬品、食品の分野ではPL法対策、雑菌防止対策として多数実績があります。

●設備費の低減
シール液の供給に必要な循環装置やシールポット等の付属機器が不要であり、設備費の低減を可能にします。

●メンテナンスの軽減
グランドパッキンの増し締めの様な保守作業やシール液の管理が不要であり、日常のメンテナンスの負担を大きく軽減します。

●正圧、負圧条件への対応
高真空から正圧の圧力限界まで、十分なシール性を発揮します。

●シンプルな構造
スプリング等を機外に配置したシンプルな構造で、缶内の蒸留分の詰まりを解消し、洗浄も容易に行えます。

使用実例

カタログ(PDF)ダウンロード

TOPに戻る
シールトラブル”0”にしたい
省エネ法定期報告・ISO14001審査にシール技術でご協力します
VOC(揮発性有機化合物)排出抑制への貢献
真空チャンバーボディフレーム ポーラスカーボンパッド
保守メンテナンスのお問い合せ メカニカルシールとは?

メカニカルシール

カートリッジマスター

静止型メカニカルシール

回転型メカニカルシール

AQシール

SBシール

静止型メタルベローズシール

回転型メタルベローズシール

ドライシール

Split Master

ABCシール

カーボン製品

ポーラスカーボンパッド

ボディフレーム

プライバシーポリシー
利用規約
株式会社タンケンシールセーコウ
COPYRIGHT (c) TANKEN SEAL SEIKO CO.,LTD. 2005. ALL RIGHTS RESERVED