本文へ移動

ご挨拶

さらなる『お客様の安全連続操業のサポートサービス』を目指して

弊社は1955年にポンプや撹拌機などの回転機械の漏れ止め装置(メカニカルシール)の製造販売を開始し、2020年5月におかげさまで65周年を迎えるに至りました。

この65年間、弊社の社是であります「お客様の安全連続操業のサポートサービス」を心掛け、現在では国内10ヶ所、海外では上海、シンガポールの直営サービスステーションが日々お客様に密着したサービスをご提供して参りました。

弊社は1955年にメカニカルシールの主要部品であるカーボンリングの国産化に成功し、当時主流でありました外国製品と遜色なしという折紙をつけられたことが創業の起源であります。爾来カーボンだけでなくメカニカルシールの技術、更にはその取扱い方法についてもお客様のご指導を賜りながら鍛錬を積み重ね習得して参りました。現在もカーボンを自社開発・生産している世界唯一のシールメーカーとして性能・品質向上に努め、お客様のシールメンテナンスの最適化に貢献していることから高い評価とご信頼をいただいております。

弊社製品は、主力の石油・化学・食品プラント用メカニカルシールに加え、コンタミ混入防止・環境対策として数多く採用されております粉体用ABCシール、ビルメンテナンスに好評なカートリッジマスター、さらには真空シール技術を応用した真空可動枠ボディフレームなどをご提供しております。また創業以来のカーボン技術を研ぎ澄まし、非常に繊細な取り扱いが必要とされる半導体ウエハーや液晶の非接触搬送・吸着パッドとしてポーラスカーボンを開発しご提供しております。このように弊社技術と製品は、社会インフラを中心として日頃目には見えない様々な場面で社会に貢献していると自負しております。

『タンケン(探検)すればセーコウ(成功)する』
この創業の精神を忘れずに、これからも独自の技術力を磨き、お客様のそして社会のご要請にお応えし、貢献してまいります。

代表取締役社長
大橋洋一
株式会社タンケンシールセーコウ
〒146-0093
東京都大田区矢口 3-14-15
TEL.03-3750-2151
FAX.03-3750-5171

TOPへ戻る