本文へ移動

カートリッジマスター

コンパクトで取付簡単なカートリッジ式静止形メカニカルシール『Cartridge Master(R)』。バリエーション豊富なカートリッジマスターは、清水、スラリー等各種流体や、ケミカルポンプをはじめ、攪拌機等の軸封装置としても様々な仕様に対応しています。

特長

①在庫即納

標準在庫品(型式参照)は即納、予備品の削減に貢献します。
各種シールトラブルの迅速な復旧にも有効です。

②静止形

スプリングが接液せず、シール面の直角度が保持される静止形構造です。
老朽機器やトラブル機器のシール寿命延長対策として効果的です。

③コンパクト

業界きってのコンパクトな寸法。
□9.5mm以上のグランドパッキンボックスへの取付けが可能です。

④高性能摺動材

SiCへの相手材には“ポーラスSiC”を採用し、トルクの低減と『カジリ』『焼きつき』の防止効果を高めています[特許:第1852216号]。
カーボンは、潤滑性と耐ブリスター性に優れた独自開発の“F42カーボン”です。

⑤無注水(デッドエンド)

低発熱設計を採用しており、圧力0~0.4MPaGの範囲でポンプの無注水運転が可能です。

カートリッジマスター 使用実例

  • シールの組込はどなたでも出来る為、組込作業の習熟度は不問です。ベテラン作業員が減少するなか、容易に組込作業が行なえています。
  • グランドパッキンボックスへの装着が可能な為、グランドパッキンからの漏洩に対し、カートリッジマスターへの改造が多くの場面で見られています。

化成液(リン酸亜鉛)ポンプへの導入例

リン酸亜鉛は液中の鉄分と反応してリン酸鉄に変化し結晶化します。リン酸鉄は付着性が強くあらゆる場所に付着します。通常のメカニカルシールでは左写真のようになり作動不良が頻発していました。
ダイアフラムタイプの適用により1~1.5ヶ月のシール寿命が、1.5年へ大幅に改善されました。

濃縮汚泥ポンプへの導入例

濃縮汚泥に含まれるスラリーは、従動パッキン部や摺動面にかみ込み、作動不良の原因となります。
※濃縮汚泥ポンプから取り外したダイヤフラムタイプのメカニカルシールホッチキスの針、砂利といった混入物がダイヤフラムでシャットアウトされています。
ダイアフラムタイプの適用により作動不良なく、2年以上順調に稼動中。

難燃剤(スラリー濃度70%以上)ポンプへの導入例

スラリー濃度が高く、従動パッキン部への固着が作動不良の原因となっていました。
ダイアフラムタイプの適用により1~3ヶ月のシール寿命が、1年以上へ大幅に改善されました。
TOPへ戻る